ジュノー【5日目】ディナー&パーティー


街に行く事を諦め、夕方まではジムやスパで
のんびりしました。エアロバイクから見える景色です

IMG_0344.jpg
ジムはほどほどに
この後のサウナが気持ちよかった
その後は昼寝をしのんびり…

IMG_0350.jpg

IMG_0351.jpg
ショーの前にミキミニとグリです
2人一緒 可愛い アラスカコスはこれで3回目かな?


IMG_0339.jpg

本日のショーはトイストーリーでした
映画を忠実に再現してあり、本当によく出来ていて
見入っちゃいました。本当に素晴らしいショーだった

旦那はビール飲みながら鑑賞

IMG_0360.jpg

今日はセミフォーマル トリトンにてディナー
トイストーリーメニュー
ssさん夫妻はパロディナーなので、私たち2人だけとなりました

3Dメガネを配られ、このメニュー3Dに見えるらしいですが
あんまりよく分からなかった

IMG_0367.jpg
メインメニューはロブスターを選択
この画像は、サーバーに殻をとって貰ったあとの画像

肉厚&プリプリで本当に美味しかった
このクルーズで一番美味しかった

IMG_0362 (2) IMG_0363.jpg
前菜のロブスター&カニ&シュリンプも
とっても美味しかったです

IMG_0371 (2)
食後のデザート とっても美味しかったのですが
舌の色が真青に
舌だけなら良かったのですが、食べ終える頃には
唇も真青気持ち悪ーい

IMG_0370.jpg IMG_0369.jpg
アシスタントサーバーと記念撮影
この日も素敵な笑顔で接してくれました

IMG_0407.jpg

ディナーの後はアトリウムにて
ピクサーパーティー

ここではssさん夫妻に会い一緒に見ました

IMG_0379.jpg
サリーとマイクは階段からじゃなくレストランから登場
2人はやっぱり人気が凄い

IMG_0382.jpg

ピクサーのキャラが続々と登場しダンスを披露します

IMG_0383.jpg

カールじいさんに登場するダグ
ダンスのキレが抜群可愛かった

IMG_0397.jpg

IMG_0392.jpg

ピクサーパーティー、とても楽しかったです

IMG_0412.jpg
パーティ-を終え少し散歩23時頃の写真
翌日は最後の寄港地、ケチカンです

IMG_0355 (2)
本日のタオルアート

ジュノー【5日目】メンデンホール

IMG_0283.jpg
5日目、ビーチブランケットで朝食

本日の寄港地アラスカの州都、ジュノー

7:30:メンデンホール氷河観光です。
朝早くから支度
IMG_0285.jpg
このような天気でした

IMG_0286.jpg
霧雨です

IMG_0326.jpg
メンデンホールの観光のステッカーはビーストでした
ここでkimikeyさん夫妻と初めてお会いしお話しました
年も近くとっても話しやすく感じのいい御夫婦でした

IMG_0288.jpg
バスからみた景色

IMG_0311.jpg
バス到着後、メンデンホールまで歩くこと十数分…
雨が止まないかな??

IMG_0291.jpg
雨露に濡れたお花が可愛かった

IMG_0301.jpg
メンデンホール氷河までの道は結構ありました
雨降ってなければこの道も凄く楽しかったと思うのですが
帰り道もあるので、これ以上雨が強くならない事を祈るばかり

IMG_0295.jpg
メンデンホール氷河と横には大きな滝、
氷河が溶けた大きな湖が広がってました

IMG_0299.jpg IMG_0294.jpg
2人で記念撮影kimikeyさんに撮って貰った


IMG_0305.jpg
滝も氷河も近くまで行け迫力あったのですが
真ん中の人と比較大きい

IMG_0308.jpg
滝の近くに行くと、雨&滝で凄く濡れました
カメラは防水じゃないし…荷物&カメラが濡れないよう
気にしつつ鑑賞 準備が甘かったな
晴れていたらどんな景色だったんだろう??
リベンジしたくなりました

IMG_0312.jpg IMG_0315.jpg
雨と植物 キノコも生えていました

IMG_0314.jpg
至る所に咲いていたこのお花、お気に入り

IMG_0322.jpg IMG_0320 (2)
ビジターセンターにはギフトショップ、トイレ、展望台等が
ありました200年前の氷や熊の剥製

IMG_0318.jpg
展望台からの景色
霧雨ぐらいで良かったと言い聞かせたけど、やっぱり晴れて
欲しかったです〜
想像以上に近くまで行け氷河を見る事出来た事は満足
雨で写真撮れなかったのが残念
このエクスカーションは一人40$でした

帰り道、ダウンタウン観光したい人はそこで降ろしてくれたのですが
天気ですっかり元気をなくした私たち…
帰ってご飯食べてから考えよう!と
一度船に戻る事に
ダウンタウンまでの道は真っ直ぐですが
歩いて行くと、2,30分掛かりそうな距離です。
天気が良ければ楽しく歩けるけど…考えた結果いきませんでした。
乗りたかったトラムもこの天気じゃ景色みれないだろうし…
後から、kimickeyさん夫婦はダウンタウンまでの送迎バスで
行ってきたと聞き、やっぱり行けば良かったな〜と後悔しました
またアラスカに行く目的が出来たな

IMG_0335.jpg
寄港日は、レストランもガラガラです
トリトンにてランチしました


サンドイッチ美味しかった

IMG_0331.jpg IMG_0336.jpg
カニ&ホタテも
IMG_0334.jpg

IMG_0319.jpg
大きな氷河がごろごろしていましたまた来たい

ディナー【4日目】パロットケイ


本日のタオルアート

IMG_0256.jpg
デッキに上がり
寒くてもいつもプールで遊んでるゲストいた

IMG_0259.jpg
スキャグウェイの街とお別れです

IMG_0260.jpg
食事前、初ランドリー使用してみた
けど、洗濯機が動かない…
使い方あってると思うんだけどな…
困ってたら、2人のルームホストが来て
直してくれました。ベットメイキング中で
忙しかったみたいで悪かった
直し方法とは…力一杯叩いて直す…です。
接触が悪かったみたい。私にも直せそうな感じだった
心ばかりのチップを渡しお礼し…直し方は置いといて、いい人だったな


IMG_0262.jpg
今夜はパロットケイでディナーです
夕日がssさんの顔にあたり眩しそう
ブラインド下げるか尋ねたら
「綺麗だからいい、我慢する」と言ってました

IMG_0266.jpg IMG_0265.jpg
今晩私が食べた物

IMG_0269.jpg
連日お肉を食べ続けてます
メニュー見るとお肉の方が美味しそうだった
でも、持ってきた時はびっくりこれは大きすぎだ

IMG_0271.jpg
旦那が頼んだものと交換し私がこちらを食べる事に

IMG_0268.jpg
窓際での食事で、ブラインドごしで私が写真撮ろうとしたら
アシスタントサーバーがブラインド持ち上げてくれました
アシスタントサーバーに日に日に親近感湧いてきました
そういえば、ディナーの度アイスティー頼んでましたが、
レモンの数が日に日に1、2、3、4…って増えていきました
これもサービスなのかな??(笑)酸っぱかったよ〜

IMG_0272.jpg
スキャグウェイでの出来事を話したり、情報交換等、
本日のディナーも盛り上がった

IMG_0273.jpg
ディナーを終え、歩いてたらグーフィーがソファーで
寝てたパジャマも可愛いけどスリッパ可愛い

IMG_0276.jpg IMG_0281.jpg
楽しい時間過ごしました


IMG_0278.jpg
食事を終え22時過ぎてたと思うのですが
まだこんなに明るい…連日同じ感想です(笑)
が、特に明るい
スキャグウェイは今回の旅で最北端だからかな?
天気は良さそうだけど、明日も早いので、夜更かし出来ず…

IMG_0280.jpg
綺麗な空でした

スキャグウェイ【4日目】街歩き

IMG_0208.jpg
ゴールドラッシュで栄えた町スキャグウェイ
小さな可愛い街並みでした。西部劇に出てくる街並みのよう
正面が港です

IMG_0216.jpg
昔の写真

IMG_0218.jpg
ゴールドラッシュ時代のバーの展示物がありました

IMG_0197.jpg

このお店はスキャグウェイだけじゃなくアラスカ一の老舗だそう
1903年創業 

IMG_0077.jpg
アークティックブラザーフッドホール
2万本もの流木をあしらった外観
1899年〜 探金者の集会場だったそう

IMG_0203.jpg
なんかディズニーのメインストリートに
いるような気分

IMG_0196.jpg

IMG_0192.jpg
ディズニーのマトリョーシカ売ってました
白雪姫のものには7人の小人が可愛いお土産だ

かつてゴールドラッシュの街だけあって、宝石店も多くありました
お土産用の瓶に入った金も売ってました

スモークサーモンも売ってました
スモークサーモンもいろいろ種類があり、
お店の人が丁寧に説明してくれましたいろいろ疑問が
英語が話せないので、必殺単語&ジェスチャーで質問
今考えればバカな質問だったな
詳細を残せない程ですが、それでも一生懸命私の言う事理解
しようとしてくれ、私のメチャメチャな会話にも関わらず
「Good English」と素敵な笑顔を見せてくれました
とっても素敵な定員さんでした
旦那は私の質問内容に恥ずかしくて近寄れなかったそうです
定員さんのお勧めサーモン購入

IMG_0224.jpg
降雪機 大きかったです


IMG_0227.jpg

帰り道お互いを写真撮ってると、沢山荷物を抱えた外人女性
同じディズニークルーズのゲストかな??
写真撮ってあげると声を掛けてくれ
お願いしたらいろいろ何枚かこだわって写真撮ってくれました
素敵な笑顔の女性でした
旅先で親切にされると本当に嬉しい
撮っても貰った写真見ると
その女性の方との思い出蘇ります


IMG_0253 (2)
港の岸壁に描かれている絵はここに寄港したクルーズ船の
ファンネルマークだそう

IMG_0230 (4)
ディズニークルーズを探しに行ったらありました

IMG_0236.jpg
ファンネルマークを見付け反対側の景色をみると
素晴らしい景色がありました
逆光になっちゃったけど、本当にこの景色は素晴らしかった

IMG_0239.jpg



スキャグウェイ、本当に楽しかった

ホワイト・パス&ユーコン鉄道


19世紀の終わり、ユーコン川流域のクロンダイクで
金鉱が発見され始まったゴールドラッシュ、
ホワイト・パス&ユーコン鉄道はゴールドラッシュの最盛期
1900年〜1982年までスキャグウェイからカナダのホワイトホースまで
約180㎞人々を乗せ走っていたそう
現在この鉄道は観光用で5月〜9月までの期間限定だそうです。
片道1時間半位かな?

ホワイト・パスから見た景色

バス&ホワイト・パス&ユーコン鉄道の今回のツアーが
3,5時間で一人123$でしたカナダにも入国するのでパスポート必要

IMG_0145.jpg IMG_0142.jpg
車内は帰りは進行方向右側が絶景だったようで
乗り込みと同時に右側から埋まっていきました
私たちも右側に座りました

IMG_0143.jpg
天気が良くなって、右側の席日が当たり
メチャメチャ暑くなってきました
長い時間乗るので日焼け止め必要…忘れた

IMG_0145.jpg
光に照らされた雪景色を見続け、思いもよらないことが…
段々、目が疲れてきて開けてられなくなりました
眩しすぎる…そのような状況が伝わる写真撮れませんでしたが
ずっと目を開けてられませんでした 

IMG_0150.jpg
どこまでも綺麗な景色続いてました

IMG_0156.jpg
現在使用されていない、今にも壊れそうな橋です


IMG_0159.jpg IMG_0162.jpg
外にも出てみたり…涼しくて気持ちよかった

結構な斜面で迫力ありました
  
IMG_0164.jpg


IMG_0169.jpg
遠くにワンダー号見えないかな??

IMG_0177.jpg
下に行くに連れ雪も少なくなってきました

IMG_0179.jpg
終わりに近づくにつれ、パスポートの確認ありましたが
ここでは、スタンプ必要なく確認だけで良かったらしいです
駅員にスタンプ聞かれ首を振ったら私のパスポートのみ回収
皆、回収されてないけど…まちがえちゃったかな?


IMG_0186.jpg
到着し車両に私たちだけ残っても
一向に帰ってこないパスポート
さすがに焦っちゃいました

降りたら駅員さんも探しててくれたみたいで
無事パスポート返却されました 疲れた
言葉が分からないと、聞いても分からないから
もっと事前にきちんと調べておけば良かったな
一緒にいた旦那は周りをみて判断何で私にも言ってくれないの〜
旦那に八つ当たり

IMG_0189.jpg IMG_0188.jpg
お土産もいろいろ売ってました


IMG_0178.jpg
天候に恵まれ素晴らしい景色が見れて良かったです
行きのバスからの景色も絶景で素晴らしかった
雪が、あんなに目を疲れさせるなんて…
また行けるとしたら何か対策が必要だな


カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ファンタジア☆

Author:ファンタジア☆
大好きなDisneyへの思い出を
綴っています(#^.^#)

パークでまったり過ごす時間が好きです。
キャラクターの写真よりも食事の写真が
多いような…(^。^;)
可愛いお料理、大好きです!!

2013年、結婚10年周年のお祝いにディズニークルーズ、アラスカに行ってきました(≧▽≦)


2016年はカナダニューイングランド行って来ました!
仕事は夫婦揃って介護をしています^^
旦那と2人仲良く生活しています☆





カテゴリ
ブロとも一覧

Disney☆きまぐれピグレット

ルビーの旅日記
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: